子供を育てていくのが怖いと感じる事が良くあることです

私も大人になっていつかは子供を産んで、ママになりたいと子供の頃から思っていました。そしてその当時は私がまだ子供だったので自分の子供が大きくなったら自分と同じように子供も育つんだと思っていました。しかし実際に自分が子供を産んで思い描いていたような世の中ではだんだんとなくなっているんだと感じる事が多くなっていました。子供が大きくなって学校に通うようになってきた今は、いじめが問題になっていていつか自分の子供もいじめにあうんではないかといつもどこかで心配しています。実際にいじめが原因で子供と同じ学校に通っている子は不登校になってしまいました。
しかし先生は何とかいじめがない事として場を切り抜けたいという思いが強く伝わってきます。そして周りにいる子供や親も自分の子供ではないから、かかわりたくないと思っていてあまり関心がない。
私が子供の頃は今のような陰険ないじめはなかったので、最近の子のいじめ方には怖くなってしまいます。望んで自分の子供を出産しましたし、もちろん自分の子供は本当に可愛いと思っています。
しかし生まれて来てしまったから、生きていく今の世の中は本当に厳しいし、そんな世の中に生み出してしまった事に何だか子供に対して申し訳ないと感じてしまう事も沢山あります。いずれかは子供は私から巣立っていくし、私が今の様にいつまでもわが子を守っていける訳ではありません。
もしも自分がいなくなった後に何かが起こったときには何とかなるんだろうかと思ってしまいます。外に出たら子供はいつも犯罪に巻き込まれる可能性と隣合わせです。
昔と違って気軽にお友達と外で遊びにいったり、習い事に言ったりは出来なくなってきています。帰って来るのかを心配しながら出さないといけません。子供は本当はのびのびと外で沢山の経験をして大きくなって行くものだと思っていましたが、今は出すにも親も一緒に行くか、安全を確保しなければいけません。そんな中での子育ては心配が多くて困ることが多いです。
今、最も選ばれている住宅ローンはどこが画期的なのか?
人生において最も大きな買い物のひとつが住宅。その購入の際には、住宅ローンを活用する方も多いですが、大きな支払いになるからこそ「少しでもお得な条件で借りたい」と考えるのは当然のこと。2016年のマイナス金利導入以降は、住宅ローンの低金利化が進み、“借り換え”も (続きを読む)